小さかった子供の頃の自分に答える

今日は3月3日、ひな祭りですね。

女の子をお祝いする日ですが、昔からの風習として、あるいは、ひとつの行事として、イベントとして行っていて、意味となると?となる方、結構多いのではないでしょうか?私も含めて>_< なぜ女の子のお祝いを3月3日に行なうのか?男の子は5月3日なのか?なぜ雛人形を飾るのか?雛人形ってなんなのか?ひなあられをなぜ食べるのか?「あかりをつけましょぼんぼりに」の歌は誰が作ったのか?どんな経緯で生まれたのか?なぜ桃の節句と言われるのか?などなど。 今日3月3日だけでなく、記念日や祝日全般そうだと思うのですが、ひとつひとつ知って取り組むと、よりいっそう、有意義な時間を過ごせることができ、また気持ちの入った状態となり、楽しめるのではないでしょうか? 小さな子どもの頃は、ちょっとした物事になぜだろう、なんでだろうと思っていませんでしたか? きっと記念日や祝日は、そんな思いが多くなる日だと思います。 子どもの疑問質問に答える(自分の子だけでなく)ということは、小さかった子供の頃の自分の質問疑問に答えるということなのかもしれませんね。
人気ブログランキングへ

ブログパーツ

この記事を読んだ人は、下記の記事も合わせて読んでいます。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.




ピックアップインフォメーション

ネットビジネスマイスターのトクの公式メールマガジン

無料プレゼント「【実践】ネットビジネスマイスター講座」をGETして、メールマガジン「【実践】ネットビジネスマイスター通信」を読んで、あなたもネットビジネスマイスターになりませんか?
メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)

トクのおすすめ情報

ソーシャルメディア