「ランキング」と「アクセスアップ」1

いつも応援ありがとうございます。
あなたのポチッと応援と私のブログの魅力で^^
現在、なんと、◯位です!
今日もポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ
※バナーデザイン変えてみました。

はい、

どうも~、

こんにちは~。

さて、今回は、

前回の最後にお伝えしたように、

「ランキング」とそこからの

「アクセスアップ」について、

お話し致します。

Image

Image_2

ランキングは、大きくふたつに
分かれます。

アメブロの内部ランキングと、
人気ブログランキングや、
日本ブログ村などの外部ランキング
です。

今回は、アメブロの内部ランキング
を見ていきます。

写真は、月間総合ランキングの
付与ポイント(今は写真の付与ポイントではないかもしれませんが)ですが、

月間総合ランキングと、デイリーランキングは、ちょっと横に置いといて、

あなたは、アメブロのジャンル別
ランキングに参加していますか?

いろいろなブログを見させていただい
ていますが、参加していない方、
かなりの割合でいらっしゃいます。

また、ランキングの表示自体を
外している方も、ちらほらと
いらっしゃいます。

どういった理由で参加していない
のか、表示していないのかは、

そのブログの運営者の方に
聞いてみないとわかりませんが、

いくつかある程度は予測することが
できます。

◯初期設定のまま

◯どのジャンルがいいのかわからない

◯ランキングを気にしないで記事を書きたい・記事が書ければそれでいい・
ランキング(他人の評価)はどうでもいい

◯ランキング維持やアップに、時間と
エネルギーを使いたくない

◯ランキングに一喜一憂したくない

◯かなり下位のランキングなので、人気がないと見られたくない

◯ランキングアップを何度か試みたが、一向に上がらないので、嫌になってしまった

ざっと上げてみましたが、
こんなところでしょうか?

他にもこんなのありますよって
いう方は、コメントください。

アメブロの使い方、付き合い方は、
ブログ運営者さん、それぞれの
ポリシーのもと、やってもらえれば
いいのですが、

もし、ランキングからのアクセスを
狙っていくのであれば、話しは変わってきます。

まず、ジャンルですが、
これもいくつかパターンがあります。

1.参加人数が極端に少ないけれど、すぐにかなり上位にランクインできそうなジャンル

2.上位にランクインするのは、かなり
時間がかかりそうだが、参加人数が
多いジャンル

3.その中間。参加人数もそこそこいる。上位ランクインも、少し頑張れば手が届きそうなジャンル

それでは、どのジャンルを設定すれば
いいのか?

それは、あなたがなにを優先するのか
次第です。

とにかくブランディングを
優先するなら、1で1位を狙うのが
いいでしょう。

やっぱり1位効果というのがあって、
例え、どんなに参加人数が
少なくても、どんなマイナーなジャンルだとしても、

1位にしか出ないオーラを
出すことが出来、1位特有の
ブランド力が発揮されます。

読者になるのは、そのジャンルに
設定している人たちだけでは
ありません。

1位というだけで、この人すごいな、
このブログ凄いなと思ってもらう
ことが出来ます。

ブランディングが立っているので、例えその訪問者が興味のないジャンルや記事であったとしても、

なんかお近づきになっておきたいなという心理が働きますので、読者申請やペタやブックマークなども増えるのです。

そのジャンルの参加人数を確認したら、10人しかいなかった、なんてこともあったりしますが、

自分の参加ジャンル以外は、
案外気にかけていないものです。

属性を優先するなら、2が
いいでしょう。

ランキングが下位にいたとしても、
参加人数が多ければ、それだけ
共感、仲間意識が働く機会が多くなります。

訪問された時に、
「おっ!自分と同じジャンルだ!」
とたくさんの人に思って
もらえるのです。

また、その人たちが、読者になってくれれば、属性にジャストフィットして、いわゆる濃い読者となります。

一方で、あまりにもランキングが
下の方だと、
このブログ人気ないなと思われて
しまう可能性も大きいです。

ブランディングと、属性の両方の
中間を狙えるのが、3の穴場ジャンルです。

参加人数はそれなりにいるのに、少し頑張れば上位にランクイン出来そう、属性も自分が求めるものと、ジャストフィットではないが、深い関連性がある。

そんなジャンルがここです。

最初からある程度、上位ランキングに食い込めるのが特徴です。

属性も自分が求めるものと、関連性があるので、そのジャンルから訪問してくれれば、そこそこ濃い読者になってもらえます。

いい事尽くしに見えますが、
ランキングTOPの衝撃や、
仲間意識というわかりやすさがないので、狙いどころが定まっていないとも
いえます。

狙いどころを定めない狙いという、
ちょっと上級者向けのものに
なります。

このように、自分が求めるもの、
優先させたいものによって、
選ぶジャンルが分かれてきます。

最初は、いろいろ試してみて、
いくつかのジャンルの参加人数や、
ランキングの上がり具合、下がり具合を確認してみるといいでしょう。

何日か、注意して、その動向を
見ていると、このジャンルは一日これぐらいのPV数だとこれぐらいのランキングになるなというのがわかってきます。

ぜひお試しあれ!

次回は、もうひとつのランキング、人気ブログランキングや日本ブログ村ランキングなどの外部ランキングについてお送りいたします。

お楽しみに!

p.s

ブログではどちらかと言えばマインド

に偏っていますが、メルマガでは、

バンバン、こうしたテクニック的な

ことも話しています。

メルマガ

それではまた、
次回お会いしましょう。

今日もポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ

メルマガ

ブログパーツ

この記事を読んだ人は、下記の記事も合わせて読んでいます。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.




ピックアップインフォメーション

ネットビジネスマイスターのトクの公式メールマガジン

無料プレゼント「【実践】ネットビジネスマイスター講座」をGETして、メールマガジン「【実践】ネットビジネスマイスター通信」を読んで、あなたもネットビジネスマイスターになりませんか?
*メールアドレス
お名前(ニックネーム可)

トクのおすすめ情報

ソーシャルメディア