セルフイメージのレバレッジ

いつも応援ありがとうございます!
あなたのポチッと応援と私のブログの魅力のおかげで^^
、なんと、◯位です!
今日もポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ

こんにちは。

前回の

「集客・アクセスアップの
レバレッジ」
http://lifesong.info/syukyaku-acsessup-1279


の最後に、

「次回は、セルフイメージに関するレバレッジについてお話しいたします」

とお話ししましたが、

セルフイメージってなかなか変えるのが難しく、それについては、
こちらの記事
http://lifesong.info/writing-power-1238
や、
こちらの記事
http://lifesong.info/self-comunication-1244
で、お話しいたしましたが、

今日は、誰でも、簡単にスピーディーに、セルフイメージを変える、スゴワザをご紹介いたします。

突然ですが、ここでクイズです。

セルフイメージを、誰でも簡単に、スピーディーに変える、スゴワザとは一体なんでしょう?

シンキングタイム、
スタート!!





Image















/

そこまでー!!

正解は、

モデリングでした。

他にもいろいろと、もっと良いのがあると思いますが、今回はこの、モデリングが正解です。

モデリング、と聞いて、
?な人もいらっしゃる
かもしれませんが、

モデルを目指して頑張っている人、

ではありません。

でも、案外それ、遠くないんです。

意味合い的には。

ベクトル(方向)は逆ですが。

Image_2

モデル、って言っても、
背が高く、手足がすらっと長い、イベントのステージをウォーキングしながら、ファッションを披露するモデルや、手タレ・足タレのモデル、読者モデル、などではないですが、

ある意味、モデルになるために行って
いく面がある、モデリング。

ん?どーゆーこっちゃ!?

こーゆーことです。

モデリングとは、自分の師匠(メンター)や、先生、憧れの人を、真似る
ことです。

自分が達成したい目標を、
既に達成している人。

自分が欲しいものを、
すでに持っている人。

自分がしたいことを、
すでにしている人。

自分がなりたい自分に、
すでになっている人。

こういう人たちの、行動や立ち居振る舞い、言葉や話しの間合い・テンポ・リズム、テンション、人との接し方、

これは、ちょっと上級ですが、言葉と
行動の基礎である、思考や思考パターンを真似るのです。

具体的に言うと、

あの人だったら、こんな時、なにをどう考えるだろうか?

あの人だったら、ここで、なにをどう話すだろうか?

あの人だったら、この場面でどう動くだろうか?

あるいは、この人だったら、どう考え、どう話し、どう動くだろうか?

これをどうどう巡りというらしいですが(笑)

直に会うことができる人であれば、それこそ一挙手一投足も見逃さない、というぐらい神経を研ぎ澄まし、注視していくのです。

直になかなか会うことができない人ならば、その人が出ているテレビやラジオ、DVDやCD、本やメルマガやレポート、動画や音声などを、もう次言うコメントや次のアクションを覚えるまで、何度も何度も、見て聞いて読むのです。

と同時に、想像力を使って、あの人だったらどうするか?、この人だったらどうするか?、と考えてみるわけです。

Image_3

これが、「守・破・離」でいうところの、「守」なのです。

真似ると言うと、いいイメージを持たない人もいますが、実は、生まれてから、みんな、真似ているのです。

本人は意識していなくても、知らず知らず、親や兄弟姉妹、おじいちゃんおばあちゃん、近所の住人、親の友達や親戚などなど、その人たちの言動を見て育ちます。

受動的に自動的に、ダウンロード・インストールしているのです。

成長するにつれ、自分で選んで、ダウンロード・インストールするようになってきます。

今まで自動的にダウンロード・インストールしていたものに加えて、自ら選らんだものを意識的に無意識的に付加していくわけです。

モデリングは、
今までやってきたこの作業を、今度は全部自分で、能動的に意識的に行っていくわけです。

真似るモデル探しも、真似る教材探しも、真似る人との近づき方も自分で、行うわけです。

実際は、探すというより、気づいたら好きになっていて、テレビやDVDを見たり、CDを聞いたり、近くにいて話しを聞く機会や話しをする機会を伺ったりしているのですが。

そうやって、モデリングという名の序から入って、スポンジのように吸収したら、そこに自分を出して付加していって、真似を破るわけですね。

これが、「守・破・離」の
「破」です。

そして、そうやって、真似から自分を足して、真似てるだけの状態を破って、自分の型を持つようになったら、スタイルを確立したら、または独立するようになったら、これが、「離」なんですね。

この「離」の状態になると、今度は自分が、誰かのモデル、師匠、メンター、先生、憧れのあの人、になるというわけです。

だから、モデリングは、モデルになるために頑張る、という答えは、意味合いとしては間違ってはいないのです。

憧れられるような人たちも、最初は、誰かに憧れを抱いてきたのです。

Image_4

憧れの人のようになるには、なかなか
簡単にはいきませんが、

モデリングというレバレッジを使うことによって、

セルフイメージを刺激し、

新しい自分をダウンロード・インストールする大きなきっかけになり、

それを経て、新しい自分を世の中にアップロードできるというわけです。

そして、それを誰かにダウンロード・インストールしてもらえるようになる、という循環になるのです。

Image_5

それではまた、
次回お会いしましょう。

今日もポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ

メルマガ

ブログパーツ

この記事を読んだ人は、下記の記事も合わせて読んでいます。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. No comments yet.




ピックアップインフォメーション

ネットビジネスマイスターのトクの公式メールマガジン

無料プレゼント「【実践】ネットビジネスマイスター講座」をGETして、メールマガジン「【実践】ネットビジネスマイスター通信」を読んで、あなたもネットビジネスマイスターになりませんか?
*メールアドレス
お名前(ニックネーム可)

トクのおすすめ情報

ソーシャルメディア